フライング飛行機

飛行機免許取得コース

ユニバーサルエアーの飛行機免許取得コースです。飛行機免許には、趣味として楽しむ自家用免許と、取得することで航空会社等に就職可能な事業用免許の2種類がございます。当校ではどちらも取得可能ですが、パイロットとして就職を目指す場合はこちらのページをご確認ください。

コース概要

こちらのコースでは、「自家用飛行機免許」の取得を目指します。「自家用飛行機免許」を持っていると友人や家族を乗せて旅行や、自然や夜景を見る遊覧飛行などができます。

 

このライセンスだけでは、航空会社等に就職することはできませんが、自家用機を所有すればいつでも操縦することが可能ですし、フライトクラブという機体の共同所有をする団体に属すれば、費用を抑えて飛行機に乗ることができます。

 

当校は飛行機の機体レンタル代、駐機代(車でいう駐車料金)、保険代が安いアメリカで訓練を行うことで、日本に比べて3分の1ほどの訓練費で免許取得ができます。アメリカで取得した免許は日本の免許に書き換えできるため、アメリカでも日本でも飛行機の操縦が可能です。

免許取得に必要なこと

自家用飛行機免許を取得するために、下記の基準を満たしていないといけません。車やバイクの運転とは大きく変わりますし、安全面の確保のため、人により訓練にかかる飛行時間は変わります。

また、日本で飛行機を操縦するためには、自家用飛行機免許に加えて、「航空特殊無線技士」「第2種航空身体検査」が必要になります。

●特殊無線通信技師…航空機または管制塔に設置された無線機器を操作するために必要な資格です。試験は2月、6月、10月の年3回で合格率は80%ほどです。

●第2種航空身体検査…飛行機の操縦をする上で必要な心身の状態を保持しているか検査・証明を行うものです。年1回更新が必要です。視力等は矯正器具(メガネ・コンタクト)をして0.7以上であれば問題ありません。

免許取得の流れ

01

​日本にて学科勉強対策

入校いただき次第、学科試験の対策をスタートします。渡米の3~6ヶ月前から開始します。

03

アメリカで飛行訓練

アメリカで飛行訓練を行います。最短2ヶ月~、週6日でみっちり訓練を実施します。

05

​日本の免許の切り替え

日本に帰国後、学科試験「法規」合格後、書類申請で日本の免許の書き換えをおこないます。

02

VISAの取得、渡米

渡米2~3ヶ月前にVISAの取得を行い、アメリカへと渡米します。

04

合格で​アメリカの免許取得

学科、実技の合格でアメリカの自家用免許取得になります。

訓練で使用する機体

免許取得の料金

CFmar10_2325.jfif

自家用飛行機免許

2ヶ月~

200万円~

免許習得した方の声

IMG_2635.jfif

自家用飛行機免許
​20代 女性 R・T様

人生で一度「何かに頑張ったよ」と言えることが欲しくて、空を飛ぶことを決めました。学校スタッフや教官はいつも笑顔で気さくで登校するのが毎日楽しみでした。2ヶ月間の青春を過ごすことができました。

無料のビジネスマンの人物アイコン素材 (1).jpeg

事業用飛行機免許
​30代 男性 F・K様

子供の時から夢だったパイロットになるため夢を捨てることができず、31歳のときに入校を決めました。
訓練を終え振り返ってみると、ユニバーサルエアーは教育とロケーションと計画性が素晴らしかったです。

​LINEまたはメールによるお問い合わせ

対応時間:年中無休
​※土日祝日、平日19時以降の場合は折り返しのご連絡とさせていただく場合がございます。

お電話によるお問い合わせ

対応時間:平日9時~19時
​※土日祝日、平日19時以降の場合は折り返しのご連絡とさせていただく場合がございます。

​よくある質問

Q. 日本で飛行機を乗ることは可能でしょうか?

はい、可能です。当校では日本より安く免許取得ができるアメリカにて自家用免許を取得して、日本の免許に書き換えます。そのため、アメリカでも、日本でもフライトが可能です。

Q. 60代ですが、免許取得は可能でしょうか?

もちろん可能です。70代の方でも免許取得をされた方もいらっしゃいます。

空を飛ぶことを退職後の趣味としてしてみてはいかがでしょうか!

Q. グライダーの免許取得はできますか?

申し訳ございません、当校ではグライダー免許の取得をサポートしておりません。