​飛行機・セスナ(単発)コース

このコースは、エンジンが1つの飛行機(主にセスナ)を操縦するためのパイロットライセンス取得コースです。

趣味で楽しむための資格で、商売をする飛行機のパイロットにはなれません。(無償であれば友人を乗せて飛行することが可能です。)

また、プロを目指す方が最初に取得する資格にも該当致します。

エアラインの国際線の機長も、この資格からスタートすることになります。

■免許取得までの流れ

この資格をアメリカで取得すると、日本の学科試験5科目のうち4科目が免除されます。『法規』の試験1科目のみ合格すれば、日本での実地試験が免除され、国土交通省航空局(JCAB)の免許に切り替えることが可能です。

日本で自家用操縦士の資格をお持ちの方の約80%が、アメリカ(FAA)にてライセンスを取得された方です。

この資格を取得するためのユニバーサルエアー訓練の流れ(フローチャート)は、訓練スケジュール表をご覧ください。ご都合により訓練期間をお好きにように分割することも可能です。

訓練の流れ及び訓練費用は、下記からご確認できます。

飛行機(多発限定)コース

このコースは、エンジンが2つ以上の飛行機を操縦するためのパイロットライセンス取得コースです。

あくまで個人が楽しむための資格で、単発機同様、商売をする飛行機のパイロットにはなれません。(無償であれば友人を乗せて飛行することが可能です。)

■免許取得までの流れ

①陸上単発資格をアメリカ連邦航空局(FAA)にて取得

②双発機にて15~16時間(約2週間)の訓練

アメリカ連邦航空局(FAA)の学科試験は不要で、実地試験のみで取得できます。

単発機の資格を国土交通省航空局(JCAB)の免許に切り替え済みであれば、書類申請のみで日本の免許に切り替えることが可能です。

この資格を取得するためのユニバーサルエアー訓練の流れ(フローチャート)は、訓練スケジュール表をご覧ください。ご都合により訓練期間をお好きにように分割することも可能です。

訓練の流れ及び訓練費用は、下記からご確認できます。