アメリカ留学コース 入校フローチャート 

(1)ユニバーサルエアーへ入校申込書の提出

(2)国内費用のお支払(入学金+教材費+座学費用等)

(3)教材受領後、国内にて学科試験の勉強スタート

(4)アメリカ入国VISA申請費用のお支払

(5)アメリカ大使館へVISAの申請(約4週間位)

(6)VISA受領後、渡米飛行訓練費お支払

分割渡米訓練の場合は、2回目の渡米までにVISAを申請

​ 日本国内にて  
ユニバーサルエアーに入校 
​ 日本国内にて  
ユニバーサルエアーに入校 

(1)慣熟飛行訓練(同乗)

(2)基本空中飛行訓練(同乗)

(3)離着陸訓練(同乗)

(4)非常操作訓練(同乗)

(5)基本計器飛行訓練(同乗)

(6)単独飛行

(7)単独飛行訓練の時間付

(8)野外飛行訓練(同乗)

(9)短距離の野外飛行訓練(単独)

(10)夜間飛行訓練

遅くともこの段階までに、学科試験を受験し合格するのがベター。

実地試験受験時には、学科試験の合格証が必要です。

 

(11)野外飛行訓練(同乗)

(12)長距離の野外飛行訓練(単独)

(13)ここまでの総復習訓練

(14)タワー空港に於けるATC及び離着陸訓練

(15)計器飛行訓練

(16)総合復習訓練

(17)模擬実地試験

(18)実地試験受験(単発)

多発限定の訓練は同乗教育のみで、約2週間位になります。

 アメリカにて  
飛行機 or ヘリコプター:約2ケ月~ 

(1)日本の自家用学科試験『法規』の受験

        (年3回3月、7月、11月実施)

(2)法規の合格証とともにライセンスの切り替え申請

国内にて飛行する場合は、無線の免許と国内身体検査証が必要になります。

  帰国後日本国内にて  
ライセンスを日本の資格へ切り替え 
 コース分割訓練スケジュール表(参考例)

 第一段階(~4週間) 

(1)完熟訓練

(2)基本操作訓練

(3)空中操作訓練

(4)離着陸訓練

(5)非常操作訓練

(6)単独飛行

この段階で航空身体検査を受ける。

​単独飛行前に身体検査を受診する必要があります。

単独飛行

​ 第二段階(約1週間~10日間) 

(7)単独飛行訓練の時間付

(8)野外飛行訓練(同乗)

(9)基本計器飛行訓練(同乗)

(10)短距離の野外飛行訓練(単独)

(11)夜間飛行訓練(同乗)

 

この頃までに学科試験に合格するのがベター。

実地試験前に学科試験の合格が必要になります。

​ 第3段階(約1週間~10日間) 

(12)野外飛行訓練(同乗)

(13)基本計器飛行訓練(同乗)

(14)長距離野外飛行訓練(単独)

​(15)夜間飛行訓練(同乗)

(14)の訓練は一番天候に左右されます。

この段階までに口頭試問の対策をまとめる。

​ 第4段階(約2週間~) 

(16)第3段階までの総復習飛行訓練(同乗)

(17)タワー空港に於ける交信での離着陸飛行訓練(同乗&単独)

(18)計器飛行訓練(同乗)

​(19)総合復習飛行訓練(同乗)

(⒛)模擬実地試験

(21)実地試験

上記スケジュールはあくまでも一例を示したもので、本人の技量や天候によりこの通り進む保証はありませんこと、ご了承下さい。

上記訓練段階を、訓練生のご都合で更に分割して訓練することも可能です。